禁煙を始めたとたん猛烈な眠気に襲われたという経験はありませんか?この眠気は禁煙による離脱症状が原因です。では、なぜ禁煙すると眠気が襲い掛かってくるのか、その作用についてまとめてみました。

眠気に襲われる禁煙中の男性

ドンキホーテの製品と内科で禁煙

禁煙とは縁のない、古くから煙草を嗜んでいる方が、重宝しているお店として挙げられるのが、ドンキホーテです。
ドンキホーテが誕生する以前は、日本で生活しながら世界各国の銘柄の煙草を楽しむという事は、困難でした。
唯一、海外との関わりが強い個人経営のタバコ屋などでは、海外製の銘柄を手にすることができたものの、ドンキホーテほど豊富な品揃えではありませんでした。
しかし、ドンキホーテが誕生すると世界中の銘柄が手に入るようになったので、多くの愛煙家に親しまれるようになりました。
ところが、内科で禁煙外来が開設されるようになると、世の中は禁煙化が進みました。
内科なので、当然保険が適用されるため、安価に禁煙することができるのです。
そして、禁煙することで得られる恩恵の多さに気付き始めた方が多いという事実もあります。
それは、健康的になれるという抽象的な事のみならず、内科ならではの視点が関係しています。
つまり、粘膜などが有害物質で汚染されなくなるので、吸い込む空気が美味しく感じたり、口にする食事が美味しく感じるようになります。
こうした点から、内科医のみならず、歯科医も禁煙を推奨しています。
歯科医が禁煙を推奨する理由は、舌が有害物質で汚染されなくなるメリットが挙げられます。
舌がニコチンなどの刺激を受けてしまうと、正確な味を楽しむことができなくなります。
そのため、どういった料理や食材を口にしても変化が感じられず、美味しくないという印象を持つのです。
口にする料理や食材が美味しくなれば、食生活が改善され健康的になることができます。
栄養のバランスが乱れることで、体調を崩し内科にお世話になるということも無くなるのです。