ファクタリング&ファクタリング

ノンバンクからの融資

ノンバンクとはつまり銀行以外の金融機関を指します。

融資を受ける場合、大きく分けると銀行からの融資と銀行以外からの融資とが考えられますが、この銀行以外の金融機関がノンバンクです。より身近な用語で言えば消費者金融ということになるでしょう。消費者金融から融資を受けるのと銀行からの融資とはどのように違うのでしょうか。これは、だいたいどんな人が持っているイメージでも同じでしょうが、銀行のほうがお堅いと感じる人が多いでしょう。実際にもそのとおりです。

どちらかというと消費者金融などノンバンクのほうが融資を受けやすく、銀行からの融資は条件が厳しくなる傾向にあります。どんな融資であっても、貸したお金を返してくれるだろうという確信が持てないような人には貸してくれません。ただ、その厳しさには当然ながら差があります。年収がより高い人でないと貸してくれなかったり、過去に金融事故を起こしていれば多少のことであっても融資を断られたりするわけです。

一方で、融資の条件が甘いということは総体的に見るとそれだけ貸し倒れになってしまう割合が高いということでもあります。条件を甘くすると、どうしても最終的には返せなくなってしまう人の割合が増えてしまうのはやむを得ません。これを補うために、消費者金融などノンバンクの融資は、銀行からの融資に比べると金利が高くなってしまう傾向にあります。貸し倒れを高い金利で補わざるを得なくなるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *