ファクタリング&ファクタリング

事業資金の融資を受ける方法

事業資金の融資を受ける方法で長期的に考えたときに最も適しているのが日本政策金融公庫の公的融資です。

他の方法と比べて金利の低さが突出しているため、高額の借り入れをしたときでも返済が事業に与える影響を抑えられます。また、事業の実績のない開業資金や経営期間が短い場合でも利用できる融資が用意されているため幅広い事業者が対象になりますが、事業計画が認められないと審査に落ち、借りられるまでの時間も1か月は必要になることがデメリットです。

銀行でも事業資金用ローンを用意しているところがあり、公的融資よりは高いですが低金利で借り入れできます。最速では翌営業日に融資できるとする銀行もありますが、一般的には審査に時間がかかると考えて余裕を持って申し込んだ方が良いでしょう。消費者金融や信販会社でも同様のローンがありますが、事業資金として使うので総量規制の対象外です。審査に通りやすいので即日融資できることもあるスピードの速さが他の借り入れと比較したときの大きなメリットですが、高金利なので高額の借り入れでは負担が大きくなります。

不動産や売掛債権を担保にしてローンも組むことができ、無担保のローンよりも低金利で借りやすいです。ただし、返済できなければ担保を失うことや評価の時間があるので即日融資には対応できないデメリットもあります。カードローンやキャッシングは事業資金としての利用は対象外なので使えません。しかし、自分の生活費を事業資金にしてその分をカードローンで補うのであれば使えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *