ファクタリング&ファクタリング

事業資金を借りる方法について

事業を興せば事業資金が必要となります。

開業時に必要な資金や設備投資、運転資金など事業資金は様々な側面で必要です。事業資金の調達方法には色々な方法があります。株式公開する上場企業であれば株式発行と引き換えに投資家から資金調達を完了し、多くは金融機関から融資を受けるでしょう。

小規模な企業や個人事業主であれば、信用金庫や商工信用組合などで融資を受けることが多いでしょう。自治体等の制度融資により、商工会議所などが窓口となり、自治体から預かる預託金を用いて地元金融機関が保証協会をつけることで融資をする制度が利用されます。自治体がバックアップすることで金利面が好条件での融資となります。自治体の事業活性化の側面と自治体を通じた保証協会を設定することで、中小型事業の創業者が融資を受けやすくする点がメリットとしてあります。事業資金をノンバンクから借りるという方法もあります。ノンバンクのイメージと言えば、高利貸しを思い浮かべる人もおられるでしょう。現在のノンバンクは銀行傘下でグループとして経営していることが多く、コンプライアンスレベルが高いため、安心して借りられますが、金利面では金融機関からの融資方法に比べて高めの設定であるため、短期でのつなぎ融資に利用されることが多いです。

ノンバンクからの融資であれば、利用枠次第で何回でも簡単に借りられ、審査が甘いという点もメリットです。いずれにしても、借りたお金は返済するのが当たり前ですので、計画性が重要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *