ファクタリング&ファクタリング

個人経営の事業資金の調達方法

個人事業主としてビジネスを展開する場合、事業資金をどのようにして調達するかがその後の経営の運命を決めると言われています。

事業資金の調達方法は金融機関から借りる方法がメジャーです。直接金融機関に融資を申し込む方法と、商工会議所などを通じて制度融資を申し込む方法があります。制度融資とは商工会議所や自治体などにより保証協会を設定することで、低金利な融資を実行するもので、返済完了時に金利が返還される自治体もあるようです。

起業初年度の家賃をサポートや設備投資費の補助金、消費税の免除などが行われる自治体も多く、これに申し込んで負担の少ない起業とすればビジネスが軌道に乗るのも早いでしょう。しかしながら、近年起業する個人事業者で1年後に残存しているケースは全体の4割というデータがあり、3年残存率で20%、5年目に残存しているケースでは僅か5%にまで落ち込みます。

5年以内に廃業する事業者には一つの特徴があり、事業資金のすべてを融資に頼る人が多く、自己資金を注入せず、借入額が多いケースが多いです。借入額がある程度大きくても、預金があれば余裕がありますが、すべてを借り入れに頼ることは、景気の上下に対応できません。とくに飲食店経営の場合、設備投資は大きくなるため、開店当初は好調でも3か月経過後に中だるみとなると、資金繰りが悪化し、廃業に追いやられるお店が多いです。借入を少なくする工夫をし、毎月のコストを下げることが長期で経営する可能性を高めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *