ファクタリング&ファクタリング

ノンバンクから事業資金を調達するメリット!

事業資金の調達方法は企業ごとに様々ですが、上場大手であれば株式市場から広く投資家を募り資金調達を完了します。

非上場企業であれば、市場からの調達はできないため、金融機関から借り入れをするのが多いでしょう。零細企業や個人事業者の場合、金融機関からの事業資金融資が受けられない場合もあります。金融機関から事業資金の融資の融資を受ける場合、担保設定が求められることが多く、決算書の確認後に融資判断が行われます。

しかし、零細企業や個人事業主の場合、決算で利益が少ないか或いは赤字着陸となっているケースが多いです。金融機関は返済金に金利付加で求めるため、収益率の悪い企業への開始出しに懸念を持ちます。既に借り入れがあったり、資産を持たない企業へは貸し出しが実行されないこともあります。つなぎ融資という言葉がありますが、支払日と入金日のタイムラグの穴埋めとして一時的に事業資金を必要とする場合、ノンバンクからの融資を受けるという方法があります。

ノンバンクから融資を受けるイメージは金利が高く、返済不能となる懸念も持たれますが、あくまでも一時しのぎの融資であれば、それほど問題の無いことです。一定期間、金利を低く設定したり、無金利貸し出しをするノンバンクもあります。現在、多くのノンバンクが大手銀行グループの傘下で営業をしており、法定金利を超える貸し出しは行われていません。互低い金利設定にて利用者を獲得する目的で融資を実行しているため、安心と言えますが、あくまでも早期での返済が、事業の潤滑油となるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *