ファクタリング&ファクタリング

中小事業主における事業資金調達

一般に事業資金を調達するにはさまざまな方法が存在します。

例えば信用力の高い大企業ならば、公募増資や社債発行などの手段によって低いコストで大規模な資金調達を行うことが可能です。しかし規模の小さい中小企業や個人事業主の場合には大企業のような資金調達手段は難しいのが現実。そこで、現在では中小の事業主が事業資金を調達する場合の手段としては銀行からの借り入れが最もポピュラーです。増資の場合と違って銀行からお金を借りるわけですから、借り入れ金利が存在し利息支払いが発生します。

ただ、大規模金融緩和が続く近年では、市場に多くのお金が流通していることもあって銀行からの借り入れ金利は比較的低い状態が続いています。現在なら調達コストが低くてすむためできれば銀行融資に頼りたいところです。ただし以前ほどではないとしても、現在でも中小企業の場合には銀行の評価は厳しくなる傾向にあります。信用力が低い場合には相応の担保が求められることもあり、事業規模の小さい中小企業がまとまった資金を調達する場合にはハードルが高いことも多いのです。

また審査に時間がかかるのもネック。大至急お金を調達する必要がある場合には銀行融資では間に合わないこともあります。中小の事業主が事業資金を至急調達する必要に迫られた場合には、ビジネスローンの利用を検討するのも一つの手です。ビジネスローンは事業用資金に特化して貸し出しを行うローンです。資金の用途が限られてはいますが大変使い勝手のよいローンです。例えば多くのビジネスローンでは担保や保証人を必要としません。そのため資産が乏しく信用力の低い中小事業主にも利用しやすいのが特徴です。また審査のスピードが速く、申し込みから実際にお金が払い込まれるまでの時間が短いことも特徴です。申し込みの翌営業日には資金が払い込まれることも多く、今日明日にはまとまったお金が必要、という緊急時に役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *