ファクタリング&ファクタリング

ノンバンクと銀行はどちらが良いか

お金を借りるときの利用先に銀行とノンバンクがありますが、できるだけ金利を抑えたい場合は銀行を検討すると良いでしょう。

ただし、銀行の中にも高金利のものがあるのでどこが低いか比較は必要です。借りやすさではノンバンクが優れています。審査に融通が利くところがあり、結果が出るのも早いので即日融資にも対応できます。銀行は以前は即日融資を行っていましたが、自主規制で審査方法が変更された影響でできなくなっています。借りられる金額は基本的には銀行の方が高い場合が多いですが、意識しなくても良いケースも多いです。ノンバンクは総量規制の対象になるので年収の3分の1までしか借りられません。

しかし、生活費の足しにするために少額の借り入れとして利用する人も多く、制限の上限まで必要ないので影響しません。自動車の購入や医療費、住宅の購入や事業目的など対象外になるものもあります。また、誤解する人もいますが、一方的に有利となる借り換えの場合、総量規制の対象に含まれますが、例外として借り入れは認められます。職場にバレたくない場合はノンバンクの方が利用しやすいところもありますが、全てではないので審査方法の確認が必要です。

限度額が50万円以内であれば在籍確認を職場への電話ではなく、保険証や社員証、給与明細の提出でも認めているものがあるので便利です。なお、正規のノンバンクであれば在籍確認は基本的には行い、状況次第で省略があるものなので、元々行わないとしている場合は闇金融などの危険性があるので注意します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *