ファクタリング&ファクタリング

ノンバンクはどのような金融機関か

名前通りの銀行や信用金庫ではない金融機関の総称がノンバンクであり、身近なものでは宣伝をしばしば見かける消費者金融やクレジットカードを扱っている信販会社などのことです。

紛らわしいですが、銀行系と呼ばれる金融機関も預金業務は行っていないのでこれに分類されます。貸金業法で営業している金融機関なので総量規制が適用される特徴があり、用途によって対象外になるものもありますが、カードローンであれば年収の3分の1までしか借りられないため、全く収入がない人は利用できません。1社ではなく貸金業からの借り入れ全体の総額で判定するので注意しましょう。

ノンバンクは銀行よりも審査に柔軟性があり、通りやすいと言われていますが、過去に支払いの遅延や債務整理をした記録が個人信用情報機関に残っていると、ノンバンクであっても審査に通らないところがほとんどです。中小の消費者金融にはブラックになっていても融資可能と宣伝しているものもありますが、これは信用できる相手であれば融資する場合もある、という意味合いであり、ブラックであると審査に悪影響が出るので申し込んでも落ちる人が多いです。安全性はノンバンクでも通常は問題ありません。

正式に認可を受けて営業しているので、もし返済ができなくなったとしても強引に取り立てされる心配はないです。ただし、口コミなどで悪評の広がりにくい無名の消費者金融はそのようなことがないとは言い切れないので、安全性を重視するのであれば有名なところから借りた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *