ファクタリング&ファクタリング

売掛債権担保融資で資金調達

売掛金取引をすると、商品を売り上げてもその場で現金を受け取ることができません。

取引先と決めた期日まで待たないとお金が振り込まれないので、一時的に資金不足に陥ることがあります。商品を売る側には大きなメリットは無いのですが、買い手側が有利な立場なので要望を聞き入れるしかありません。そのこともあって売掛金取引をする機会は多いと言えます。売掛金取引をして資金不足に陥るようなことがあったら、金融機関が提供している売掛債権担保融資というサービスの利用を検討してみると良いです。

このサービスは売掛金を担保にしてお金を借り入れるというものです。資金調達の方法としては知名度は低い方です。借りたお金は分割払いなどで返済することができます。売掛債権担保融資を利用すると融資期間中は利息が発生します。利息は100万円以上の融資で年率15%が上限になっています。普通の融資では手続きや審査に時間が掛かり、会社の信用度次第で利用出来ないこともあります。

売掛債権担保融資の場合は担保となる売掛金が重要なので比較的利用しやすい方だと言えます。売掛債権担保融資はお金を借り入れるという性質上、勘定科目は負債として扱います。この辺が気になる場合、他の資金調達方法を検討するしかありません。資金不足に陥った時の選択肢としては利用しやすい部類に入ります。金融機関の融資が利用出来ない時に備えて、詳しい情報や利用方法を調べておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *