ファクタリング&ファクタリング

ビジネスローンの特徴とは

事業目的で使うことができる、無担保のローンがビジネスローンです。

借り入れ先は銀行だけでなく消費者金融なども利用できます。銀行の場合はカードローンと比べると金利が低く、限度額は高めです。ただし、取り扱いをしていないところも少なくありません。厳しい審査で貸し倒れが起きないように慎重に融資をしていましたが、リーマンショックの際に多くの貸し倒れが発生したことで撤退したところが多いからです。

銀行のビジネスローンは条件は優れていますが、貸し倒れを警戒しているので用意する書類が多く、融資を受けられるまでの時間も長くなるデメリットがあります。事業の実績が短い、赤字になっている、税金の未納があるなどの場合は利用できないことが多いです。しかし、基準は銀行ごとに異なるので、融通の利くところもあるので審査に不安がある場合は条件を調べて適切なところに申し込みましょう。消費者金融などのビジネスローンの場合、金利はカードローンとほぼ同じで上限が18%のものが多く、お得感はありません。

総量規制の対象外なので代表者の年収の3分の1以上でも問題ありませんが、限度額は高くても1000万円なので、それ以上の融資が必要な場合は銀行を利用する必要があります。用意する書類が少なく、申し込みから融資までの時間が短いことがメリットなので、すぐに契約したい場合に適した借り先です。審査に不安がなく、時間にも余裕があれば優先しなくても良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *