ファクタリング&ファクタリング

ビジネスローンはどの金融機関のを選んだら良いか

ビジネスローンは、事業資金を調達する目的で利用できる借入のことです。

法人の他に個人事業主も対象にしていることがあります。銀行から借り入れる場合は金利も低く、総返済額を軽減できます。その分審査基準が厳しいことがあり、安定した基盤を持ち、長期間営業をしている規模が大きい法人でないと審査落ちしてしまうケースがあるでしょう。小規模な法人や個人事業主は、他のビジネスローンを選んだ方が柔軟に対応できる可能性があります。

貸金業に属する消費者金融や信販会社でもビジネスローンを提供している場合があり、小規模法人や個人事業主にも門戸を広げています。銀行のように顧客からの預金業務をしていないので、貸付をするための資金の調達を銀行からの借入や資産運用で行っているため、銀行よりも金利が高いです。しかし、貸付までの期間を早めに対処して資金調達を急ぐ方にも応じられ、即日融資も認められる所もあります。貸金業のローンには総量規制がありますが、ビジネスローンは対象外となり、審査結果によっては年収の3分の1を超える借入も可能になることもあるでしょう。

最低でも直近2年の申告書や決算書類が必要となるので、独立したばかりの経営者は借入ができません。借入の際に本人確認の書類と一緒に事業概況書や資金計画書の提出が必須です。事業の現在の状態や今後の計画、資金調達をして経営をどのようにしたいかを書類にまとめます。特にビジネスローンを専門としている消費者金融の場合は、担当者の判断が大きく、計画書等を閲覧して将来性が見込まれれば収入が少なくても、多額の借入が可能になる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *