ファクタリング&ファクタリング

個人事業主が貸金業者でビジネスローンを組むメリット

ビジネスローンは銀行でも貸金業者でも取り扱っていますが、銀行系のビジネスローンは金利が低く限度額が大きい代わりに審査に時間がかかったり、特定の条件を満たす必要があるものも多く存在しています。

公的融資の場合も審査にかなりの時間がかかってしまうため、急に資金が必要になった場合にも向きません。中には節税対策で確定申告を赤字で出している人もいるでしょう。そのような人はいくら売り上げが多くても社会的な信用力が低下してしまうことから、まとまった金額での融資が難しくなることがあります。特に急いでいるときほど、貸金業者のビジネスローンは銀行よりもはるかにハードルが低くなります。個人事業主であれば誰でも申し込みができる上、総量規制の対象外で機能としては通常のカードローンと違いはありません。

つまり取引を重ねて信用力さえ築いていけば、銀行系のローンのように大口融資をしてもらうことも可能なのです。こうしたローンは通常契約額で金利の条件が変わってきます。まとまった金額での融資を受けることができれば自然と金利も下がるため、長い間使っていれば貸金業者のビジネスローンでも、銀行系ビジネスローンのように低金利なる可能性があるのです。こうしたローンは必要に迫られて契約するのではなく、いざというときに好条件ですぐに借りることができるよう、個人事業主になったら早めに契約を検討すると良いでしょう。契約さえ結んでおけば通常のカードローンのように、好きなタイミングでお金を借りることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *