ファクタリング&ファクタリング

資金調達はビジネスローン派?ファクタリング派?

資金調達をする方法は様々ありますが、会社経営者や個人事業主にとって代表的な方法が銀行や貸金業者などのビジネスローン、売掛債権や不動産を担保としたローン、売掛債権を専門業者に買い取ってもらうファクタリングなどです。

それぞれにメリットとデメリットがあります。ビジネスローンのメリットはファクタリングと比較すると安いコストで借り入れができるという点です。信用力次第ではまとまった資金を調達することも可能ですし、随時返済をすれば利息負担もさらに減らすことができます。ただし借りた金額次第では長期的な返済が必要になることや、借り入れには審査が必要なことがデメリットです。すべての会社経営者や個人事業主が利用できるわけではありません。一方ファクタリングでは申込者の信用力の審査は行われません。審査の対象となるのは売掛債権そのものです。

資金調達のハードルはビジネスローンよりも低いのですが、売掛債権以上の資金を調達することはできませんし、手数料が高額になることが多いというデメリットがあります。取引先に通知のされない二社間ファクタリングの場合は、手数料が30%近くになることもあり、利用には慎重な判断が必要です。また、税金の滞納があると差し押さえに遭うリスクがあるため、利用を断られてしまうこともあります。どのような資金調達方法を選ぶかは資金が必要になるまでの日数や金額によって判断すると良いでしょう。少額の資金であればすでに持っているクレジットカードのキャッシングを利用するという方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *