ファクタリング&ファクタリング

売掛債権担保融資のメリットとデメリット

取引先からまだ回収できていない売掛金を担保に金融機関から借り入れを行う融資方法として主に中小企業などがよく利用するのが売掛債権担保融資という融資サービスです。

金融機関に担保を差し入れてお金を借りるというサービスでは不動産担保ローンが有名ですし、売掛金を担保として借り入れをサービスとしてはファクタリングが有名なのですが、売掛債権担保融資はこれらのサービスと比較してどのようなメリットやデメリットが有るのでしょうか。売掛債権担保融資のメリットとデメリットについて詳しく解説をしていきます。まずメリットとして挙げられるのが比較的少ない手間で資金調達ができる点です。

銀行の不動産担保ローンの場合、自社の経営状態や土地の状態などが厳しく審査されますし、審査通過後も抵当権設定登記などの手続きに手間がかかるため融資の申込みをしてから実際に資金調達ができるまで時間がかかります。一方で売掛債権担保融資は不動産担保ローンと比べると審査対象となるのは基本的に取引先の経営状態のみですし、登記にかかる手間も不動産担保ローンよりも圧倒的に少ないメリットがあります。一方でデメリットは金利の高さが挙げられます。

不動産担保ローンと比べると売掛債権担保融資は金利が高めに設定されていますし、場合によってはファクタリングサービスを利用するのと変わらない手数料を銀行に支払うこともあります。ファクタリングを利用した場合と同じ手数料であればファクタリングを利用したほうが便利なので、金利を確認しながらサービスを利用することが肝心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *