ファクタリング&ファクタリング

売掛債権担保融資の特徴とは

売掛債権担保融資は名前通り売掛債権を担保にして受けられる融資です。

企業の取引で一般的に利用されている掛け売りでは現金が手に入るまでに時間がかかるデメリットがあり、資金繰りが悪化する要因になっています。海外ではこの未回収の売掛金を利用して融資を受けることが浸透しており、日本でも中小企業に向けて利用が推奨されています。売掛債権担保融資を受けるときには信用保証協会の保証を受ける必要がありますが、どの企業でも受けられるわけではありません。

中小企業に分類される企業規模であることが条件になっており、資本金や従業員数でこれを判断しています。大企業であれば社債の発行など、他の方法で事業資金を調達することになります。売掛債権担保融資では返済を行う自社だけでなく、その担保になる売掛先の信用性も審査対象になる特徴があり、売掛金の回収が困難になると判断されると審査に通りません。担保があるので高額の融資が受けられますが、すぐに回収される権利なので返済期間は1年であり、つなぎ融資で使われます。

返済できなくなり、売掛債権が譲渡された場合に売掛先に通知する仕組みになっている金融機関が多いです。しかし、融資を受けた時点で通知するところもあるので注意が必要です。日本ではこのような融資を受けると経営が危機的な状況に陥ってるとする偏見がまだあります。業務の受注ができなくなるなど、今後の取引に影響する懸念があるため、契約前に仕組みを確認しておいた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *