ファクタリング&ファクタリング

売掛債権担保融資で資金不足を解消

通常、一般市民が店舗に行って商品を購入する場合、商品と引き換えにレジで代金を支払うのが当たり前です。

一方、企業が得意先と取引をする場合は主に信用取引になっており、納品した商品やサービスの代金を即座に受領するのではなく、決められた日に受領したり、段階的に受領したりすることが少なくありません。その場合、企業は得意先に対して代金を回収する権利を得ることになりますが、その権利を「売掛債権」と言います。企業は約束の期日になると代金を回収できますが、ただ企業の中には仕入代金や銀行からの借入金の決済資金などが不足しているため、約束の期日まで待てないという時があります。

そんな際に利用されるのが「売掛債権担保融資」です。売掛債権担保融資とはその名の通り、売掛債権を担保にして融資を受けるものです。売掛債権担保融資の方法には以下の2つがあります。・得意先に承諾を得る、または通知をする。・売掛債権の譲渡を法務局に登記する。いずれかの方法でも担保にすることができますが、一般的には売掛債権登記が選択されます。つまり、売掛債権担保融資を得意先に通知すると、得意先から「資金繰りが悪化している」と思われかねず、今後の取引に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
なお、担保を提供して金融機関から融資を受ける場合は、信用保証協会の「流動資産担保融資保証制度」を利用するのが一般的です。また、融資を受けられる金額は一律になっているわけではなく、担保の価値によって変わってきます。大手企業など信用力の高い担保であれば融資額が高くなり、中小企業などの担保は融資額が少なくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *