ファクタリング&ファクタリング

安定した資金繰りには売掛債権担保融資が有効です

会社が企業活動を行っていく上で、資金繰りは企業生命を左右する重要な問題です。

特に中小企業は、必要とする額の借り入れが行えなかったり、融資の審査に落ちてしまったりと厳しい経営に直面することもあります。中小企業が高い潜在能力を持ちながらもこのような状況で淘汰されてしまう現状を打開するべく、かつての日本の融資は不動産に制約されていましたが、現在では売掛債権を担保として融資が受けられる、売掛債権担保融資が創設されました。

売掛債権担保融資はその名の通り、売掛債権を担保に融資が受けられる制度です。売掛金は企業間で取り決めた支払期日に基づいて行われますが、支払いまでに長い時間を要するものも多いです。そのような場面で売掛債権担保融資を利用すると即日融資とまではいかなくても短期間で資金になり、運転資金として経営に使うことができるのです。売掛債権担保融資は銀行やノンバンクなどの金融機関が行っており、銀行の方が審査が厳しいと言われていますが、取引相手としては大きな安心感を得ることができます。

ノンバンクは銀行に比べると審査が通りやすいですが、悪徳業者の存在もありますのできちんとした業者を選ぶ必要があります。融資を受けるにあたって、売掛先に売掛債権を担保に融資を受けていることを知られることは大きなイメージダウンになると思いますが、契約方法や金融機関によっては、売掛先に知らせることなく融資を受けることもできます。これは大きなメリットと言えます。

その反面、売掛先の資金繰りや倒産などによって売掛金が回収できないというリスクもデメリットとしてあります。売掛債権担保融資は売掛金をスピーディに資金に変えられる便利な制度ですが、まずは信用できる金融機関に相談し、安全な環境を確保してから取引を始めることを検討すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *