ファクタリング&ファクタリング

売掛債権担保融資とファクタリングの違い

未回収の売掛金は比較的まとまった額があるものの、手元に現金がなく取引先などへの支払いのために直ちに現金が必要という場合によく利用されるのが売掛債権担保融資とファクタリングというサービスとなります。

これらの金融サービスはどちらも売掛金を活用して現金を調達するという共通点がありますが、仕組みや契約内容は全く異なるためそれぞれの違いを理解しておくことが大切です。売掛債権担保融資とファクタリングの違いについて解説をしていきます。まず売掛債権担保融資ですが、こちらはサービスの名称からも分かるように売掛金を担保として金融機関から融資を受ける調達方法のことを言います。

あくまでも売掛金は担保として金融機関に差し出すだけですから金融機関は勝手に売掛金を他の金融機関に譲渡したり回収したいるすることはできませんし、指定された期限以内に金融機関に借りたお金を返済した場合には売掛金は自社に戻ってきます。期限内にお金を返せなかった場合に金融機関は売掛金を自由に処分して良いこととされています。

一方でファクタリングの場合、売掛金を担保ではなく専門の業者に売却して資金の調達を行います。契約を結ぶ段階で一定の手数料を差し引いて売掛金を売るわけですがから取引が完了した時点で売掛金の債権者はファクタリング会社へと譲渡されることとなります。融資と比較すると金利面ではやや分が悪いものの、ファクタリングはよりスピーディに資金調達ができるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *