ファクタリング&ファクタリング

売掛債権担保融資を利用する際のポイント

売掛債権担保融資は取引先からまだ支払われていない売掛金を担保として資金調達ができる便利なサービスなので、キャッシュフローが悪化した際などに非常に役立つローンです。

不動産担保融資などと比較すると比較的審査にかかる時間も短いなどの利点もある一方で売掛債権担保融資を受ける際には気をつけなければならないことが幾つかあります。売掛債権担保融資を利用する上でのポイントを解説をしていきます。売掛債権担保融資は売掛金を担保とする融資であるため、審査の際には基本的に自社ではなく取引先の経営状態が審査されることになります。

自社の経営が比較的健全であっても取引先の経営状態が悪く売掛金債権が不良債権となってしまうリスクが高いと判断された場合には利用できないことがある点に要注意です。また自社の経営状態については強く審査されることはありませんが、税金を滞納していたり赤字決済が続いている場合などには審査を通過できない恐れがあります。

もしも信用できる取引先の売掛金があるにもかかわらず、審査が通過できなかった場合にはファクタリングを利用すると良いでしょう。なお売掛債権担保融資はファクタリングよりは手数料が安いものの、不動産担保融資と比較すると金利が高くなっているケースが多くみられます。金融機関によって金利は異なりますが概ね年8%から年15%程度の金利がかかることを念頭に置いて融資の申し込みを行うようにすると後に慌てずに済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *