ファクタリング&ファクタリング

カードローンの様々な特徴について

お金の融資を受ける方法としては、銀行が運営をしている目的別のローンがあり、一方でカードローンの場合にはフリーローンに該当します。

目的別のローンとは、教育や自動車、住宅などのために利用する資金を得るために借り入れをするもので、使途が限定されています。

カードローンは資金の使途は限定されておらず、旅行にいったり、生活費に使ったり、利用者によって自由に使途を決めることが可能です。

使途が決められていないフリーローンの場合には、目的別で借り入れを行うローンと比較したときには、一般的に金利が高めになります。

その他のカードローンの特徴としては、審査を受けたときに設定される利用限度額があり、その範囲内であれば何度でも借り入れができる点を挙げることができます。

返済に関しても何度でも行うことが可能で、返済方式は借り入れを行う金融業者によって変わってきます。

返済方式として最も普及している方法が、借り入れ残高によって毎月支払う金額が決まっている方式となります。

利用限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れができる特徴を活かして、他の金融業者から融資を受けているときには、借り換え目的で利用することもできます。

多くの金融業者では、事業性のある資金として融資を受けることを禁止していますが、事業のために利用できる条件の融資先であれば、事業者であっても借り入れを行うことが可能です。

半年以上の期間にわたって返済期日を守って継続的に利用すれば、限度額を引き上げてもらうこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *