ファクタリング&ファクタリング

女性がカードローンを選ぶときのポイントについて

主婦やOLの人が給料だけではやりくりが苦しくなったときに、消費者金融のカードローンを使いたいと感じることもあるでしょう。

女性がカードローンの申込みをするときには、消費者金融に電話をかけた際に、対応するスタッフが男性だとお金の話しをしにくいという問題があります。

男性スタッフに対して融資の依頼をしにくいという女性向けのサービスとして、消費者金融の中にはレディースローンの窓口を用意しているところがあります。

レディースローンであれば、女性専用の窓口となっており、必ず女性スタッフが電話対応をしてくれます。

通常の窓口では女性にとって敷居が高いと感じている人であっても、レディースローンの窓口が設置されている消費者金融であれば、相談しやすくなります。

カードローンを利用するときには、主婦や学生に対して積極的に融資を行っている業者とそうではない業者に分けられます。

主婦であってもアルバイトやパートを行うことで、毎月の安定した収入を得ている人であれば、多くの消費者金融で融資を受けることが可能になります。

一方で、専業主婦の場合には、借り入れ先の条件を確認しておく必要があります。

消費者金融には法律的な規定として、総量規制が適用されることになっていますので、年収3分の1を超える金額の融資は行えません。

専業主婦であれば収入がありませんので総量規制にひっかかってしまうことが考えられます。

そのために、総量規制の適用を受けない銀行系の消費者金融を選択して、カードローンの申込みをすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *