ファクタリング&ファクタリング

銀行カードローンのメリットについて

お金の借り入れをしたいときに、銀行から融資を受けるか、消費者金融から融資を受けるか迷うものだと思います。

一般的にカードローンを利用するときには、銀行のものか消費者金融のものかを選択できます。

それぞれのカードローンで借り入れをした金額に対して金利が付けられますし、融資を実行してくれるまでのスピードにも違いがあります。

カードローンの種類として銀行系のものを選ぶときのメリットとしては、信頼感があります。

日本人は銀行に対しての高い信頼を持っていますので、安心して借り入れをしたいと考えている人の場合には、銀行のカードローンを選ぶことがおすすめとなります。

消費者金融の場合には、平均的に上限金利が18%前後となっていますが、銀行が設定している上限金利は15%程度となりますので、両者を比較したときには銀行のほうがかなりの低金利で融資を受けることができます。

大手銀行の中には、店舗に併設している窓口に行って借り入れの申込みをすることで、即日融資に対応しているものもありますので、申込みをした日のうちに借り入れができることも考えられます。

店舗に併設されている窓口に行って借り入れの手続きを行うときには、運転免許証などの本人確認書類を忘れないように持参することが大切です。

100万円以上の借り入れ金額を希望するときには、収入証明書の提出も必要になりますので用意しておくことがおすすめです。

銀行からの融資であれば、総量規制の問題もありませんので、主婦や学生に対しても融資を行っている点もメリットとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *