ファクタリング&ファクタリング

銀行と消費者金融のカードローンの特徴の違い

巷でよく聞く融資のサービスとして、カードローンが挙げられると思います。

カードローンという名称を耳にした経験のある人は多いと思いますが、実際どのような業者が行っているサービスなのか把握していない人もいるでしょう。

カードローンを運営しているところは主に、銀行と消費者金融があります。一般的な特徴としては、消費者金融よりも銀行のカードローンのほうが金利が低いものが多く、審査が厳しいと言われています。

借り入れしやすいことや、利便性が高いこと、即日融資に対応してくれる業者が多い点が消費者金融のカードローンの特徴となります。

申込みをしてから融資が実行されるまでに、一定の時間がかかったとしても金利が安いほうが良いと考えている人であれば、銀行から借り入れをすることがおすすめです。

銀行の融資と比較したときに金利が高かったとしても、すぐにお金が必要であったり、インターネット上からの申込みができるなど便利に使いたい人であれば、消費者金融から借り入れをしたほうが良いと言えるでしょう。

提携先としてコンビニATMが利用できる消費者金融を選択しておくことで、24時間いつでも自分の都合の良いときに借り入れや返済ができて便利です。

両者の違いには総量規制というものもあり、貸金業法に基づいて融資を行っている消費者金融のサービスでは、利用者の年収3分の1以上の金額になると貸付をすることが認められていません。

銀行は銀行法による融資を行っていますので、年収3分の1の範囲に関係なく融資を実行できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *