ファクタリング&ファクタリング

カードローンは事前に金利のわかる金融機関で

カードローンの実質年率は、WEBサイトを見ればひと目でわかります。

年率4.6%~17.8%などと記載されているでしょう。しかし、契約段階で何%の金利設定になるかわからないローンが多いのです。初回契約においては金利設定幅の中で最高金利が適用されることが多いですが、審査が終わるまでわからないのは不安でしょう。

そこで、事前に金利のわかる金融機関のカードローンを利用するのです。50万円以内は実質年率18.0%、50万円超~100万円は14.5%などと極度額別に記載されていれば、審査を受ける前から金利を把握できるでしょう。

金利によって利息が変わり、総支払い額に影響してきます。借りる前から金利を把握しておくことは、健全にカードローンを利用するにあたって非常に大切なことです。金利がわからない状態では、詳細なシミュレーションをすることはできません。

カードローンを上手に使っている方ほど、事前のシミュレーションを欠かさないものです。シミュレーションをすることで、具体的に月いくらの返済をして、いつ完済できるのか把握できます。

それにより家計管理をして、節約をする意識も芽生えてくるでしょう。お金を借りるからには、利息を抑えていく工夫が必要となります。利息は少ないほどいいのは間違いありません。

利息を減らすためには、低金利で契約する必要があるのです。契約後に金利引き下げ交渉をするよりも、契約段階で低金利で借りることのほうが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *