ファクタリング&ファクタリング

滞納したらどうなるの?カードローンの契約

カードローンは好きな時に限度額内でお金を借りられる便利なアイテムです。

しかし使い方を間違えてしまうと、自分の預金のように使ってしまい、支払いができなくなってしまうことがあります。限度額に余裕があるうちは枠内でなんとかやりくりできますが、限度額一杯になったら別のカードの契約をして…と繰り返していくと、気づかないうちに取り返しのつかないことになります。

新しくカードが契約できるうちはまだ大丈夫ですが、審査に落ちるようになったら黄色信号が点灯します。審査を行う場合必ず信用情報機関から利用履歴を紹介されます。

何かしら使い方に問題があったり、収入に見合わない債務があると審査に落ちるようになるのです。また滞納してしまうと滞納したことが信用情報に残ります。滞納情報は他社の審査でも厳しく評価されます。

そうなるとカードローンやクレジットカードの新規契約ができなくなるのです。滞納している金融機関の滞納はどうなのでしょうか。まずすぐに書面による催促状が届きます。すぐに支払いができれば大きな問題となることはありません。

電話による催促があるところもあります。自宅に突然訪問されるようなことはありませんが、電話は頻繁にかかってくることもあります。それでも支払いに目処が立たない場合はカードが停止されます。

最悪の場合は強制解約となりますが、強制解約では信用情報上では事故として扱われます。カードローンは使い方を間違えると非常に危険なので、自己管理をしっかりしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *