ファクタリング&ファクタリング

担保融資とファクタリングの違い

混同する人が多くいますが、担保融資は「ローン」ですので、銀行や貸金業者しか取り扱っていません。

担保となるものには債権や不動産など様々なものがありますが、担保の評価額と申込者の信用力によってお金を借りる仕組みです。負担となるのは金利による利息ですが、利息制限法によって上限が決められているため、ファクタリングと比較するとかなり低い手数料でお金を借りることができます。

ただし申込者の信用力が審査で影響してくるので、赤字決算が続いていたり滞納している社会保険料があると、契約することは難しくなります。ファクタリングの場合は債権を譲渡することになるため、融資ではありません。

3社間の場合は取引先が直接買い取り業者に支払いすることいなり、2社間の場合は事務委任契約によって申込者が、取引先から入ったお金を業者へ送金することになります。一括での支払いが必要です。こちらも審査がありますが、担保融資と違って担保そのものの評価額が重要になるため、担保融資で審査に落ちてしまった人でも買取をしてもらうことが可能です。

しかし手数料がかなり高額になることもあるので、利用するかどうかは十分判断して、その後のキャッシュフローがさらに悪化しないか確認しておきましょう。

担保融資の場合は分割での返済が可能ですので、長期的に資金が不足しているときでも負担を少なく現金を用意することができるでしょう。ファクタリングは一時的な資金不足など、短期的なキャッシュフロー改善に役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *