ファクタリング&ファクタリング

担保融資の種類と特徴

金融機関から受ける融資は、大きく分けて有担保のものと無担保のものとに分けられます。

金融機関からすれば担保のある融資の方が、万が一返済が滞った場合にはその担保を売買等することにより返済資金を調達することが出来るため、リスクを少なくすることが可能になります。借り入れる方からすれば、担保を提供する分借り入れ金利を低く抑えることが出来るというのが大きなメリットです。

担保融資の種類には、不動産担保、有価証券担保、動産担保、指名債権担保の4種類があります。有価証券担保は、株式、公債、社債、受取手形などがあります。返済が滞った場合には有価証券を資金化することで、金融機関はその資金を現金化して返済に充てます。

この方法はどちらかと言えば法人の借り入れに多く用いられる方法です。動産担保融資の代表的なものは船舶や航空機、牛などの家畜です。最近は少なくなりましたが、自動車を担保として融資を方法も有効です。担保融資の中で最もオーソドックスなものが不動産担保融資です。

代表的なものは、住宅ローンです。金融機関から住宅資金を借り入れるために土地と建物に抵当権を設定します。返済が滞ることがあれば、金融機関は抵当権を実行して競売にかけます。

その売買代金が返済資金に充てられるという仕組みです。また、最近では不動産を担保としてフリーローンやカードローンを借り入れることもあります。いずれについても、無担保でローンを借りる場合に比べて金利が大幅に低くなるというのがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *