ファクタリング&ファクタリング

担保融資を受ける場合の注意点について

担保融資は不動産などを担保に融資を受けることができる非常に便利な方法です。

一般的に無担保の場合には金利が高かったり、融資を受けることのできる限度額が低く設定されてしまうことが多いのですが、担保融資の場合には返済ができなかった場合にその担保を債権者に引き渡すことで返済義務をなくすことができることから比較的高額の融資を受けられる可能性が高い上、金利も安く設定されていることが魅力となっています。

一般的に住宅ローンはこの担保融資の仕組みを利用していることが多く、担保として購入した住宅や土地を利用することが多いため、金利の低いものとなっています。しかしこの担保融資を利用する場合には契約内容について十分に確認を行わなければなりません。

住宅や土地を担保として設定している場合、契約内容によっては債権者が債務者に対して返済が不可能であると判断した場合に住宅や土地を募集することができる仕組みとなっているものもあり、この場合には返済の能力がありその返済途中であっても住宅や土地を没収することができることになってしまうケースがあるからです。

一般の銀行等では基本的に返済が可能である限りは住宅や土地を取り上げる事はありませんが、悪質な金融業者の場合には契約内容において返済が不可能と判断する根拠を明確にしておくことが重要となります。

このような条件がない場合には債権者側の判断で返済能力がないとみなされ、実際には返済能力があるのに住宅と土地を没収されてしまうこともあるのです。そのため担保融資を受ける場合にはその契約内容について事前に十分に確認し、トラブルを未然に防ぐようにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *