ファクタリング&ファクタリング

担保融資とはどのようなものなのでしょうか

担保融資というのは、見聞きしたことがあるものの、具体的にどのようなものかわからない人もいるでしょう。

これはその名の通り、担保物件を元手にお金を借りることをさします。この場合の担保物件は様々ですが、不動産がその代表格です。これを不動産担保融資といいます。この方法は借りられる金額が大きい、あるいは金利が低いなどのメリットがありますが、返済できない時は不動産を手放すことになり、また融資を受けるまでに時間がかかります。

その他にも、有価証券を担保として融資をしてもらう、証券担保ローンのようなものもあります。またいわゆる質屋の場合はどのようなものであれ、ブランド品や貴金属など一定の価値があるものは、その価値に応じただけのお金を貸してもらうこともできます。

こういう形での担保融資のことを、物的担保といいます。それとはまた別に人的担保というものもあります。これはどのようなものかといいますと、保証人を立てることを意味します。この場合は、お金を借りた人以外の財産が担保となり、もし本人が返済できない場合には、代わって返済を行うことになります。

保証人が代わって返済を行うことを、代位弁済といいます。もちろん中には、担保物件がなくてもお金を貸してくれることもあります。たとえば銀行や消費者金融の、カードローンやキャッシングなどです。ただし無担保の場合は、貸す側に取ってはリスクが大きいものです。そのため担保融資を選んだ方が、より多額のお金を融資してくれることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *