ファクタリング&ファクタリング

担保融資の抵当権と根抵当権について

銀行が融資するローンには無担保融資と有担保融資の2種類があります。

担保がいるのか、それとも要らないのかの違いではありますが、土地や建物を担保にする不動産担保ローンや住宅ローンも有担保融資に分類が行われています。不動産担保の担保物件は土地や建物などが対象になるもので、これらには抵当権や根抵当権と呼ぶ権利設定が行われるのが特徴です。住宅ローンを組んでマイホームを購入した人は、自分の家と喜ぶわけですが、ローンの支払いが終わるまでの間は、完全には自分の持ちものではなく、抵当権がある関係上、金融機関の持ち物でもあるわけです。

ちなみに、抵当権や根抵当権は登記簿謄本の中の乙区に掲載が行われるのが特徴で、その権利に基づいた債務履行を行うことになります。不動産担保の場合、不動産の価格評価と同じく、乙区に記載が行われている順位関係も重要なポイントです。これは乙区に先順位の抵当権もしくは根抵当権が設定されている場合、複数の抵当権が存在するなどからも、担保価値が低くなるのです。

根抵当権は、抵当権の一種ですが、特定の融資を担保にするものではありません。予め限度額を定めておいて、一定の範囲内にある複数の融資を担保にすることが出来ます。企業の事業資金などのように、金融機関との間で、繰り返し融資を受ける時に使用される権利です。ちなみに、担保融資の中には船舶や自動車、航空機や畜産物などの動産担保を利用するものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *