ファクタリング&ファクタリング

不動産担保融資の仕組みを知れば便利に利用できる!

融資は銀行や貸金業者からお金を借りることです。

日本人が最も利用するのが不動産担保融資です。マイホーム購入や土地の購入を検討する人の90%以上が不動産担保融資を利用し、長期返済を計画します。不動産のような大きな資金が必要なお買い物では、金融機関から融資を受けて長期で返済した方が生活にもゆとりが出るはずです。

安定した収入が見込めて、頭金を入れれば、購入する不動産を担保に入れることで、融資は実行されます。ただし、融資を受けるためには厳正な審査があり、審査に通過し諸手続きを済ませなければ貸し出しはされません。

以外に皆さんが知らないこととして、金融機関は融資の条件として事務手数料の支払いと物件の調査に掛かる費用を求めます。物件調査には一般住宅で平均10万円と言われており、事務手数料は借入額の3%~5%とも言われています。このほかにも考えておく費用は、不動産業者の手数料や司法書士による登記費用、印紙代、不動産取得税があり、引越しや家具購入を入れると大きな費用は必要です。

債務不履行となると抵当権の付いた不動産は強制処分されます。不動産の評価が下がると追加担保が要求されます。不動産担保融資を利用する場合、いかに返済額を少なくするかを考えなければいけません。返済期間に付加される金利の交渉や金融機関ごとの比較が大事です。また、余裕がある時に繰り上げ経ないや頭金の増額なども考えましょう。無理なボーナス払い設定もやめましょう。

毎月余裕を持った元金と金利返済であれば、担保の第一抵当を持つ金融機関にとっても良い貸出先となり、それだけの信頼も得るでしょう。不動産担保融資を利用する上で金融機関を正しく選ぶことが重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *