ファクタリング&ファクタリング

低金利で事業資金を借りるには担保融資

会社の経営者や工場の経営者にとって悩ましいのは事業資金です。

現金決済ばかりではありませんので、取引先からの入金から支払いまでの間にタイムラグが生じてしまうこともありますし、事業が好調であれば少しでも低い金利で融資を借りて事業を拡大させたいと経営者であれば誰もが考えることでしょう。

金利を低く融資を得るのであれば、方法としては担保融資が視野に入ってきます。担保融資は何かを担保に入れることになりますが、不動産などを担保に入れて借り入れを行う事業者が多いものです。不動産担保ローンは無担保ローンに比べるとより大きな金額を、より低い金利で借りることが可能になります。

しかし、万が一支払いが出来なくなってしまうと担保に入れた不動産を失ってしまうリスクが発生します。その他にも、売掛金を担保に入れる売掛金担保融資という方法もあります。売掛金は将来的に売掛先から受け取ることが可能になるお金ですが、その売掛金を担保に入れて融資を借ります。

万が一融資の支払いが出来なくなった際には、担保に売れた売掛金の債権譲渡が行われます。不動産担保融資にしても、売掛金担保融資にしても、借りる金融機関では審査を必要とするケースが一般的です。

不動産に本当に価値があるのかどうか、また売掛金にしても回収が可能な売掛金なのかどうか、融資を行う側の金融機関もしっかりと審査をしなければなりませんので、融資が行われるまでに一定の時間がかかることは知っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *