ファクタリング&ファクタリング

担保融資の意味に関しまして

大きく必要なお金が発生した際に、銀行などからお金を借りたいと思う方は多いものです。

しかし、銀行では万が一に貸したお金が返ってこないとなってしまえば、大損害となってしまいます。そこで出てくるものが担保融資となっております。銀行などはお金を貸すことで、またその貸す際のお金の金額などの利息によって利益をまわす仕組みなどがありますが、このようにお金が元になっている商売であるため、お金がなくなってしまうということは銀行にとっても、大変に一大事であります。

担保融資は担保をとることで融資を行うという意味を持っております。仮に何かしらの不動産的な価値があるマンションまたは土地などを多く持っている方が、銀行でお金を借りたいと思った際には、これらのマンションや土地などが「担保」として銀行がおさえる形で、融資がなされます。

つまりお金はお貸ししますが、もしお金を返してくれない場合などが発生した際にはお持ちであるマンションなどをいただきますよ、というものが担保融資です。担保として何か価値のあるものを銀行が得る形で、借りたいと思われている方にお金を貸し出すというものが担保融資、ということになります。

よくテレビドラマなどでこのような場面を見た方もおられるのではないでしょうか。お金を必要としているが、お金を貸してもらえるためには何かを用意しなければならない、何か価値のあるものはないか、などという会話がなされておりますが、あれらも担保融資を元にした会話となっております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *