ファクタリング&ファクタリング

金融機関が実施する担保融資とは?

金融機関に融資を依頼するケースは様々で、住宅ローンや自動車ローン、事業者ローンが代表的です。

とくに一般家庭で利用され、国内で利用者がもっとも多いのが、住宅ローンで、住宅購入する方の80%以上が住宅ローンを組んでいると言われています。日本は高度経済成長の裏で、住宅ローンや自動車ローンビジネスが成長したことで、国民の多くが長期ローン返済による購入が可能となったと言われています。

多くの人が金融機関からお金を借りて住宅購入をし、25年~35年という長期で返済します。ビジネスとしてお金を貸す金融機関は返済期間に金利を求め、担保設定をする担保融資となります。担保融資とは、返済期間中に購入する不動産や自動車等の資産を担保として金融機関が抑え、万が一、返済不能となった場合は強制売却・貸付金の回収をします。一方でキャッシュカードにローン機能を搭載したカードローンやや消費者金融の展開するキャッシングサービスの場合、契約後に利用枠次第で担保不要の融資が受けられます。

ただし、担保融資と異なる点として、金利水準が高いです。担保と保証人は完済までの保証や信用という概念で、金融機関が押さえますが、担保設定と保証人設定が金融機関への信頼となります。キャッシングは比較的短期ですぐにお金が必要な人に対応するサービスですが、担保や保証人設定が無いため、高い金利と短期返済を求めるものです。

お金を借りると正しく返済するために、安定した収入が必要ですが、キャッシングの場合、年収の3分の1を超える新規貸し出しはされず、利用枠に限度が儲けられます。また、担保融資は返済条件の変更が相談できる反面、キャッシングの場合は条件変更ができません。金融機関にとって担保はそれだけ信頼性が高いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *