ファクタリング&ファクタリング

担保融資の担保には知的担保と人的担保がある

担保融資と聞くと不動産担保を連想する人は多いのではないでしょうか。

例えば、不動産担保ローンは自己所有もしくは家族や身内が所有している土地や家を担保にする担保融資の定番です。銀行に融資を申し込みした際に、担保を要求されることがありますが、そもそも担保とは何かご存知ですか。担保は、債務者が債務返済を履行しない時に備えて、債権者に提供が行われるもの、債権の弁済を確保するために銀行側は要求するわけです。

担保融資は、いわゆる保険的な役割を持つもので、万が一債務者が返済不能になった際には、債権者側は予め差し出された担保を処分することで債権回収が可能になります。そして、その担保と聞いた時に連想するのが不動産です。しかしながら、不動産担保は担保の代表的なものですが、不動産だけがすべてではありません。

不動産担保は知的担保と呼ぶもので、モノを預けて融資を行う時に利用する形になります。これに対して、人的担保と呼ぶものがあるのですが、人を預けるわけではなく一般的には保証人と呼ぶものが人的担保に相当します。保証人は債務者が返済不能に陥った時、債権の保全を行う役割を持つもの、人的担保の代表とも言えるわけです。尚、保証人が債務者に代わって返済を行うことを代位弁済と呼ばれています。

ちなみに、最近人気を集めているカードローンやフリーローンは担保・保証人が不要などの特徴を持ちますが、これらのローンは保証会社が保証を行うのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *