ファクタリング&ファクタリング

売掛債権の特徴やメリット

売掛債権とは、具体的には売掛金や受取手形のことをさします。

債権という言葉がついている通り「貸したお金を回収する権利」を持っています。受取手形のほうが厳格であり、法律の形式に従っているので効力が強いです。受取手形以外の売掛債権のことを売掛金といいます。このように、売掛金は「受取手形以外の売掛債権」とわけられているので非常にその範囲が広いです。ここではその範囲が広い売掛金について説明しましょう。

「売り」「掛け」という言葉を組み合わせたものなので、なにか商品やサービスを売って、そのお金を掛けにしているということがわかります。掛けという言葉は日常生活ではあまり使いませんが、後で清算する約束をした買い・売りのことです。この定義にあてはまる事柄は非常に多いです。例えば、飲み屋のつけなども売掛金の一種です。ホスト倶楽部でもよくつけというシステムが使われます。ホスト倶楽部の場合はやや特殊で、担当のホストがつけを回収しなければならず、それができなければお店ではなくスタッフが未回収のリスクを負担します。

一般的には企業が取引先に対して商品やサービスを後払いにしてその約束をしたものが売掛金であり、領収書などのなんらかの証拠が残っているものですが、ただの口約束で特に書類などを作成していないケースもあります。このように非常に幅広いのですが、共通するメリットはお金を持っていなくても商品をゲットしたりサービスを受けたりできるという点にあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *