ファクタリング&ファクタリング

売掛債権の割引で資金繰りの改善を実施

売掛債権を割引していくことで自社の資金繰りを改善していくことが可能になります。

景気後退により売掛金の支払いサイトに長期化の傾向が見られ、売上を上げた金額の入金が遅くなっていく傾向が見られます。ファクタリングを用いて売掛債権を割引していくことで、取引先からの入金を待つことも無く、早期に売上金額の入金を可能にしていきます。売掛債権の割引を行うファクタリングというと良くない印象を抱く方も多いものですが、売掛債権の早期割引は欧米では一般的な経営手法としても知られます。

自社の売掛金の入金を待つこと無く、早期に入金させていくことで会社の資金繰り改善していき、経営の安定を実現出来るようになります。売掛債権の早期割引を行う会社は、早いところでは一週間程度の短い期間で入金出来るようにもなっています。通常なら数ヶ月程度掛かっていく売掛金の入金も、ファクタリングを活用していくことで一週間程度で入金させることが可能になり、資金繰りに頭を悩ますことも無くなっていきます。

インターネットの比較サイトを参照していくと多くのファクタリングを行う会社を見かけることが可能です。経営上で必要な資金に悩んでいても、銀行等の金融機関へ融資の申請を行なっていくには相応な期間が掛かっていくのが普通でもあります。売掛金の割引を用いていくのであれば税金の滞納や公共料金の支払い遅延が生じているような経営状況でも確実な資金繰りを実現することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *