ファクタリング&ファクタリング

質屋の金貸しも担保融資の一つです

担保融資とはお金を借りる時に担保となる品物を預ける、もしくは権利を一時的に提供するなどの特徴を持ちます。

品物を預け入れしてお金を借りるローンのことを担保融資と呼び、不動産を担保にしたものは不動産担保ローンと呼ばれています。返済不能になった時には預け入れている商品や権利を転売して債務の回収ができるので、融資額が高額である、金利が低いなどの特徴があります。担保融資を行っているのは、銀行やノンバンクなどの金融機関もしくは金融業者だけでなく、質屋も同じことが言えます。

質屋は品物を預けてお金を借りるシステムで、預けた品物を取り戻すためには全額返済を行うなどの条件があります。仮に、返済ができなくなった時には質屋は質流し行い債務の回収が可能になります。質屋の場合は、不動産などのようなものではなく、ブランド品や高級腕時計などを預け入れ、その商品に見合う金額の現金を貸し付けてくれます。

質屋は商品に対する目利き能力があり、このブランド品ならいくらで売ることができる、この高級腕時計なら相場がこのくらいの金額なので、価値に応じた金額の現金を融資して貰えます。目利き能力は万が一返済が困難になった時の質流しでの売却可能額であり、この商品はこの金額で売れるので、売れそうな金額に見合う金額で融資を行ってくれるわけです。尚、質屋でお金を借りる時には、身分証明書などの本人確認書類を忘れずに持参するようにしましょう。これは質屋が古物商取引業者に分類されているためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *