ファクタリング&ファクタリング

長期にまとまった資金を借りるなら担保融資

融資には大きく分けて、担保を求められる担保融資とカードローンやキャッシングのように担保や保証人が必要ない無担保の融資があります。

担保が必要でない場合は、担保となるものを用意したり、誰かに保証人になってもらう必要がないので、スムーズに手続きができ、最短ならその日のうちにも融資を受けることができます。とはいえ、やはりお金を貸す側としても担保がないというのはリスクもあります。それゆえにキャッシングやカードローンは手続きが簡単なものの、金利は高めに設定されることが多くなっています。

高額の借入を高金利となると返済は大変となりますので、どちらかというと少額で短期間に借りたい場合に向いている方法と言えるでしょう。まとまった金額を長期に借りたいという場合は担保融資も考えていきたいところです。債権者がもしも債務を履行できない場合も担保があれば債権者はそれを処分して債権回収が行えます。それゆえ、貸し倒れのリスクが少ないこともあり、有担保での融資は低金利となっています。

担保融資ではどのようなものが担保になるのかも知っておきたいですが、まずは土地や建物などの不動産があげられます。事業の融資の際にも利用されますが、住宅ローンなどの個人融資にも活用されています。この他には株や受取手形、公債などの有価証券が担保となることもありますし、自動車や船舶などを担保にすることもあります。さらに、物ではなく保証人という形で人的担保とする場合もあり、債務者が支払い不能になった場合に保証人が支払いを行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *