ファクタリング&ファクタリング

不動産担保融資について

金融機関等から借り入れをする時には返済を担保するために何らかの担保の提供を求められます。

連帯保証人等を置くことで無担保での融資をうけられることもありますが、通常は各種証券や債権類、車等の高価物件または土地や建物などの不動産を抵当とする担保融資が一般的です。このうち、不動産を担保とする融資は金融機関にとっても融資を受ける側にとってもメリットがあります。その第一は融資額の限度が大きくなるということです。多くの無担保融資では借入者の年収や企業なら営業実績等により融資額の上限が設定されますが、不動産が担保の場合には比較的確実な担保であるため、不動産の価値によって高額な融資も可能になります。

また、同じ理由から返済期間を長期にすることで月々の返済額を少なく設定することが出来、融資をうける側にとっては余裕を持った返済計画がたてられることになります。回収不能のリスクも少ないため金利も比較的低く設定されることが多いです。不動産による担保融資には注意しなければならない面もあります。その第一は当然のことながら返済出来なくなった場合には不動産が競売にかけられることもあるということです。それが事業用の土地建物等であれば事業本体も影響を受けるので何を担保とするのか慎重に考えなければなりません。

また、不動産の価値は変動するので、融資を受けた後に不動産価格が大幅に下がった場合には追加の担保の提供を求められることもあり得ます。次に手続きの面では、不動産担保融資を利用する際は融資額の1~3%の手数料が必要な場合があります。また、抵当権の設定費用や場合によって土地の鑑定費用なども支払うこともあり、ある程度の現金の用意が必要です。さらに、不動産の担保価値等の評価に時間がかかるので、早急に融資を受けたいときには適していないといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *