ファクタリング&ファクタリング

不動産担保ローンは担保融資の中でも高額融資が可能

住宅ローンはマイホームを購入する時の資金で利用できるもので、お金を借りる代わりにローンの対象となる不動産は抵当権に設定されることになります。

抵当権はいわゆる担保融資に相当するもので、返済不能になった際には抵当権を利用して債務回収ができる仕組みを持ちます。担保融資には色々なものがありますが、共通することは担保にしている品物は没収されてしまう点です。住宅ローンの場合は抵当権に設定が行われている土地や建物の権利を失う、不動産担保ローンの場合も、担保融資の対象になっている不動産を処分しなければなりません。

一見、担保融資は大きなリスクを持つものなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、融資を受ける時にはしっかりとした計画を立てることがリスクを回避するコツに繋がります。無担保融資と比較すると、担保価値に応じた金額を融資して貰えるので、価値ある担保などの場合は高額融資も可能になる魅力もあります。

但し、高額融資が可能になるからと言って、必要以上の金額で融資を受けてしまうと、返済が困難になることも少なくありません。返済計画は幾らまで借りることができるのかではなく、幾らなら楽に返せる、無理なく返済ができるのかを決めることが重要です。尚、返済計画を立てる際に便利なのが返済シミュレーションです。返済シミュレーションは金融機関などのホームページに掲載されているので、上手に返済シミュレーションを活用して返済計画を立てましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *