ファクタリング&ファクタリング

担保融資のいろいろについて

一般的に金融機関等から融資を受ける際には、融資の返済を担保するために何らかの金銭的価値を有するものの提出を求められます。

融資金額や対象者の信用度に応じて提供すべき担保は決定され、不動産や動産など提供することになり、返済が完了すればそれらは担保が解除され手元に戻ることになります。担保融資の最も身近な例は個人の銀行口座からの貸越額が総合口座の定期預金の額の一定の範囲内まで利用できる場合です。後日貸越利息が徴収されますが一定の範囲内での利用が可能です。

一般的に担保融資に利用されるものといえば、土地や建物等の不動産又は車や証券類があります。証券については定期預金や株式等の他、事業活動によって生じる売掛金や売掛債権などもあります。売掛債権は資産の一部と認識されていて、信用保証協会が行っている売掛債権担保融資信用保証制度によって広く知られるようになり、多く用いられています。事業者にとっては通常の営業活動で生じた売掛債権を利用して融資を受けることが出来るのがメリットです。

売掛債権は売掛手形という形で受け取ることが多いですが、手形が資金化出来るまでには通常1~2ヶ月以上を要するので、その間は資金が流動しないことになりますが、これを担保として融資を受けることによって、資金の確保ができるなど有効に活かすことが出来ます。担保融資を受けながら、期日までに返済できない場合にはその担保は融資元である金融機関等の所有になってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *