ファクタリング&ファクタリング

売掛債権とはなにか?

売掛債権は大きく分けると受取手形と売掛金に分けられます。

受取手形はかなり厳格なものであり、法的な効果が強いものです。法的な強制力をもっている分、法律で定める形式で作成する必要があります。法的な強制力を持っており、その手形自体に価値があるので銀行などに売却することも可能です。売掛金はというと、受取手形ではない売掛債権と定義されています。

売掛債権のうち、受取手形をのぞいたものはすべて売掛金というわけですね。「単なる口約束」と説明されることもありますが、それだけではありません。単なる口約束も売掛金ですが、一般的には領収書や契約書などを作成しています。領収書や契約書などを作成していて法的な強制力は持っていないので、それも含めてただの口約束という考え方をする人もいます。法律で定める形式に従っており法的な強制力を持っているかどうかが重要です。売掛金のほうもそれ自体に価値があります。

なぜなら、「山田さんが佐藤さんに10万円支払う約束をした」というのも売掛金ですが、佐藤さんから「この権利を君にあげるよ」と言われて譲り受けたら10万円を山田さんから回収する権利を得ることになるからです。もちろん山田さんから「信用できない」と言われて支払いを拒否されるというトラブルも考えられるので、きちんと契約書などを作成しておくべきです。売掛金のほうにも価値があるので、それを担保にしてお金を借りることも可能です。売掛債権担保融資などと呼ばれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *