ファクタリング&ファクタリング

売掛債権を使った資金調達

売掛債権は、取引先に対して有している債権です。

日本では商慣習で、先に商品を納入して代金は後払いになることが多いですが、この売掛に関する債権を売掛債権と言います。中小企業にとっては、支払いが先になることは結構大変です。少ない中から運転資金を確保しなければならないため、回収が先になることで運転資金が足りなくなってしまうこともあります。そこで、売掛債権を担保に融資を受ける、売掛債権担保融資という方法も最近は使われるようになりました。

担保を提供しているので普通に融資を受けられない場合でも借りられる可能性が高くなりますし、その分金利も低くしてもらえるという利点があります。ただ、銀行やそれ以外の会社とではやはり差があり、銀行から借りた方が基本的に利率は下がります。銀行も普通に無担保で借りるよりは審査が通りやすくなりますが、取引先の状況なども判断されるので、ノンバンクに比べると厳しめです。

ファクタリングという資金調達方法もあって、これは売掛債権を売却してしまいます。それによってお金が入ってくるのですが、売買ですから債権の価値はその債務を負っている会社の信用度などによります。大手企業の場合はまず倒産のリスクが低いので、額面は高くなりますが、それでも割り引かれるので満額で買い取ってもらうことはできません。それでも、運転資金を必要としている中小企業にとっては数少ない現金を得る方法なのでこちらも注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *