ファクタリング&ファクタリング

売掛債権とはどういったものなのか

個人経営などやられてる方は馴染みがある言葉かもしれませんが、売掛債権とは企業が活動するうえで必ず関わってくるものになります。

売掛債権で代表的なものは売掛金や受取手形になります。そもそも債権とは特定の者に対して、一定の行為を請求できる権利をいいます。そして売掛とは、代金を後で受け取ることとし、商品(またはサービス)を提供することをいいます。つまり、売掛債権とは代金を後で受け取ることとした行為を相手に請求できる権利ということです。生活の範囲では、コンビニでお弁当を買ったり、スーパーで食品を買ったりとする場合は、ほとんどその場で現金やクレジットカードなどでお支払いをすると思いますが、企業間でのやり取りの場合は、代金と商品のやり取りを同時に行うケースは多くありません。

商品だけを先に提供し、それに対する代金を後日請求するケースがほとんどです。メリットとしては、手間が減らせることです。毎日納品あり、その都度代金と商品のやり取りを行っていると、非常に手間がかかることですし、手元に代金がない状態ですとまた面倒なことになります。また、売掛債権は資産勘定にあたるため、これを売却・譲渡することもできます。デメリットとしては、何よりその代金を回収できなくなる恐れがあることです。

取引先が倒産してしまい、その債権を回収できなくなってしまった場合、保有していた売掛債権は不良債権となってしまい、資産が損失に代わってしまいます。そのため、一定の信頼をおける相手でなければリスクが伴うことになります。このようにメリットデメリットがあるものですが、多くの企業が利用している方法であり、企業活動としては切り離せないものでもあります。リスクを考慮したうえで、取引方法として相手が相応しいのか考えなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *