ファクタリング&ファクタリング

売掛債権を効果的に利用する方法

売掛債権は商品を販売する際にその代金を後で回収するために必要な債権であり、商品を販売した側にとっては1つの財産となるものですが、逆に実際の経理上においては売り上げが計上されているのに現金が手元にない状態が継続する非常に危険な状態を作り出すものであると言うこともできます。

そのためこれを早期に現金化することが企業にとっては1つの課題となっており、経営を安定させる上でも非常に重要な要素となっています。しかし実際には大企業ほど支払い期日が長くなってしまう傾向があり、売り上げ代金が売掛債権の状態である期間が長くなってしまうことが少なくありません。この間に様々な支払い等が発生し資金繰りがうまくいかなくなってしまう場合には、商品を販売した顔は倒産の危機に瀕してしまうケースも多く、売掛債権を早期に現金化することが求められるのです。

最近ではこの売掛債権を効率的に利用する方法がいくつも生まれています。古くは手形割引といった方法で現金を借り入れ期日に返済することが多く行われていましたが、この場合には相手の企業が期日までに入金を行わない場合その額面の金額を手形を裏書きした企業が負担しなければならず、トラブルとなることが少なくありませんでした。

最近では売掛債権を買い取り現金を払い出すファクタリングが広く利用されており、多くの企業が効果的に利用しています。ファクタリングを利用することで期日に現金を返済する必要がなく、安心して支払い等に充てることができるため便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *