ファクタリング&ファクタリング

担保融資に使える担保

担保とは将来に生じるかもしれない不利益に備えて、あらかじめ補填の準備をすることです。

担保という言葉が良く使われるのはお金を借りる場合で、貸したお金が返してもらえない場合には、その担保を得られる権利を得ることを指します。これら担保を設定して借りるローン商品は担保融資と呼ばれます。担保融資では担保となるもの、つまり価値のあるものであることが求められるものです。特に大きな金額になるとすばやくお金にすることができる必要があるため、その種類は限られています。

一般的に担保融資で担保に出来るものは不動産です。不動産であれば抵当権の設定が出来るため権利を簡単に主張することができるためです。個人の住宅ローンにしても返済中は土地に対して抵当権が設定されており、これが長期間の多額の借り入れを可能にしています。もう一方で知られる担保融資としては自動車です。自動車には所有者と使用者がありローン返済中はお金を貸した側が所有者となる仕組みです。

所有者であれば勝手に使用者が車を処分することもできませんし、また滞納したさいには引き上げることができます。この他にも「証券」「特許」「在庫」「売掛債権」「年金」「工場の生産設備」「生命保険」などが担保となり得るものですが、融資できる金額は限られます。しかし、担保融資にすることで借入審査が早く、また必要な金利に関しても、無担保無保証人のものと比べて小さいメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *