ファクタリング&ファクタリング

不動産担保融資について

担保融資で担保にできるものはいくつか存在しますが、それらの中でも不動産担保には多くのメリットがあります。

その一つが受け取れる金額がより高額になるという点です。実際の金額は不動産の価値などの条件によって異なってきますが、比較的高額になるため個人はもちろんのこと法人の方にも多く利用されています。また月々の返済額を少なめに設定して、返済期間を可能な限り長くすることができるのもメリットの一つです。これによって心身ともに余裕のある返済ができるのです。

担保融資に不動産を選んだ場合であっても、いくつかのデメリットは存在します。その一つが融資額の数パーセント程度が手数料として、利用する際に必要となるのです。加えて当然のことながら、返済ができなくなった場合、その不動産を失うことになります。誰も利用していないような空き地であればまだしも、自分や家族など誰かが生活している不動産の場合は生活する場所を失うことにつながるのです。不動産担保融資を選ぶ際にはいくつかのポイントが存在しており、その一つが銀行となります。

銀行は最大融資金額が少なめに設定されていますが、その代わり利用する際の諸費用が安く済むことが多いです。銀行ではなくノンバンクを利用する場合、銀行よりも最大融資金額が多く、審査時間が短めという特徴があります。その代わりノンバンクは銀行よりも利用時の諸費用が高いという面も持ち合わせています。これらそれぞれの特徴を考慮して、どこで担保融資を受けるか決定する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *