ファクタリング&ファクタリング

職業別で異なるカードローンの融資限度額

カードローンには融資限度額が設定されており、初回の利用ではこの金額を上回る借入れは出来ないようになっています。

融資限度額は職業別に異なり、職種が限度額を推測する目安となります。カードローンの申込では返済能力が重要な要素です。よって、大手企業に正社員として勤務している申込者の場合、融資限度額が高く設定されます。また、社会的な評価が高い医療従事者や弁護士等の職業もカードローンの申し込みが有利になる職種です。一般的なサラリーマンの場合は毎月の収入が安定しているため返済能力が高くなります。

従って、カードローンの審査にも通過しやすいというメリットがあるのです。その上、勤続年数が長く管理職的なポジションに就いている申込者の場合には年収の割合から算出された融資限度額も大きくなる事から、初回のサービス利用でも高額な借りいれが出来るようになります。そして、カードローンの融資限度額に影響を与える要素として、派遣や契約社員として勤務している申込者が挙げられます。

やはり、非正規の形態で雇用されている申込者の場合は、正社員よりも限度額が低くなる傾向が見られます。しかし、契約期間中は安定した収入が確保できる状態であることから、一定の融資限度額が設定され借りいれが出来るようになっているのです。これは各業者により異なる金額が設定される事が多く、非正規の形態で勤務する申込者を対象にした専用のサービスもある為、融資の上限金額が変化します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *